不動産投資(始める前に十分に勉強しないと大きな損害をこうむるでしょう)で成功するために一番大切なのは、投資対象となる物件選びです。ここを間違えてしまうと、収益が上がるどころかそのままズルズル資産(管理をしっかりとしないと、破産してしまうこともあるでしょう)価値が下がってしまい、損失を被ることもありますね。まず始めに、不動産の専門の方とともに、維持費や修繕費を含め、しっかりとした物件なのかどうかを慎重に調査した上で購入した方がいいでしょう。調子の良い不動産屋の口車に乗って、目先の利回り(投資をする際の目安になりますね)に振り回されてはいけません。不動産投資(ベストセラーになった本の影響で、ブームになったこともあります)は、割と長期運用で行う物ですから、しっかりとした計画がとても重要なと思っております。また、利益が出ない場合はすぐに売却すれば良いと言う軽い考え方では、成功する事は困難です。元々、不動産は流動性も低く、損失を出すような物件ともなると更に、売れ難くなり、結局、安価で買い叩かれてしまうケースがほとんどでしょう。そのような事にならないようにするのでにも、最初の物件選びにはじっくりとなる必要があると言われています。それに、自分の不動産物件に対しては常に関心を持ち、市場でもある動向にも注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)することをしておいて下さい。いつ、最も大きな利益が得ることが可能だような売却のチャンスが訪れるとも限りません。不動産投資(バブル期にはマンションの値段は下がらないなんていわれていたようです)の場合、物件を購入するまでは色々と学んだのに、実際に買ってしまうと、後は管理会社へ任せっぱなしの方を多く見掛けます。それでも、実際に不動産投資(バブル期にはマンションの値段は下がらないなんていわれていたようです)で成功した方々の多くは、購入した後も常に学んで自分でチャンス(ピンチだと思うような状況が実はチャンスだというのは、よくいわれることですね)を掴んでいるのだとかー